はじめて飼われる方へ2

  1. HOME
  2. はじめて飼われる方へ2

GOOD PARTNER~Part 1~

この「GOOD PARTNER」には、これから一緒にワンちゃんと暮らしていく上で家族の皆様に知っていて欲しいこと、守って欲しいことが書いてあります。きちんと理解して「ワンちゃんとの生活」をはじめましょう!

耳のお手入れ

耳のお手入れ

耳の手入れを怠ると耳ダニの発生や、外耳炎の原因になります。特に耳の垂れているワンちゃんは、耳の中が蒸れて炎症になりやすいのでこまめに手入れしてあげましょう。

  1. (1)耳の中が良く見えるように耳を広げます。この時、あまり強く耳を持つと嫌がるので気をつけてください。
  2. (2)いきなり耳の中から掃除しようとするとびっくりしてしまいます。まずはコットンにイヤークリーナーを染み込ませたもので耳の入り口から順にやさしく拭いていきます。
  3. (3)耳の奥は綿棒にイヤークリーナーを染み込ませたもので汚れが取れるまで何度も拭きます。この時綿棒で汚れを耳の奥に押し込まないように手前から拭いていくようにします。ワンちゃんの耳は奥がL字型になっているので人間のように鼓膜を傷つける心配はありません。
必要なもの
  • 綿棒・コットン
  • イヤークリーナー
コツ

普段からスキンシップで耳を触ることを嫌がらないようにしつけましょう。一度痛い思いをすると次回から嫌がるようになるので、気をつけてください。おとなしくしていたらほめてあげてください。

爪のお手入れ

屋外で飼われていたり、よく歩くワンちゃんは自然に爪がすりへるのであまり心配はいりませんが、室内で飼われていたり、硬いところを歩かないワンちゃんは爪が伸びすぎることがあり、歩くたびに痛みを感じるようになるので2~3週間に1回程度爪のチェックを行い、伸びているようであれば犬用の爪切りで切ってあげましょう。

  1. (1)爪の根元を押し、爪を固定します。
  2. (2)爪をすかすと血管(ピンクの部分)が見えるので少し手前まで切ります。血が出てしまった場合は止血剤を切り口にぬります。
  3. (3)切った後はヤスリをかけてどこかへひっかかって怪我をしないようにします。
必要なもの
  • 犬用爪切り
  • 犬用爪やすり
  • 止血剤
コツ

痛みを感じるほど深く切りすぎないことです。

被毛のお手入れ

被毛のお手入れ

被毛をブラシやコーム(くし)で美しい状態にすることをグルーミングといいます。グルーミングは被毛をきれいに保つだけでなく、皮膚に適度な刺激を与え気持ち良くさせてあげたり、皮膚病などの早期発見、ワンちゃんとのスキンシップなど毎日の生活に欠かせないものです。

  1. (1)基本的に頭からしっぽのほうへ、上から下へと毛が向いている方向にブラシをかけて抜け毛を取り除いていきます。
  2. (2)耳の後ろや首の毛はやわらかく、毛玉になりやすいので特に念入りにブラシをかけます。
  3. (3)おしりの毛やしっぽは敏感なのでやさしく毛並みにそってとかします。
  4. (4)ブラッシングが終わったらコームを毛並みと水平に動かして、被毛を美しく整えます。
必要なもの
  • ピンブラシ(長毛犬ブラッシング用・簡単)
  • スリッカーブラシ(長短毛犬ブラッシング用・上級者向け)
  • 獣毛ブラシ(長短毛犬ブラッシング、ツヤだし用・簡単)
  • ラバーブラシ(短毛犬ブラッシング用・簡単)
  • コーム(長短毛犬コーミング用・簡単)
コツ

おとなしくグルーミングを受けていたらほめたり、おやつをあげてグルーミングは楽しいものだと思わせましょう。

歯のお手入れ

歯についた食べかすをそのままにして置くと歯垢や口臭の原因となります。週に1回程度はペット用歯ブラシで磨いてあげましょう。歯磨きに慣れていないワンちゃんにはローハイドガムやコットンのおもちゃを与えると歯垢が取れ、同時にストレス解消のおもちゃになります。口臭が気になるワンちゃんにはペット用の口臭予防剤もあります。

必要なもの
  • ペット用歯ブラシセット
  • ローハイドガム
  • デンタルケア用おもちゃ
  • 液体ハミガキ
コツ

日頃から口の中に手を入れられることに慣れさせておけば歯磨きも簡単です。

PageTop

Copyright © 浜松市浜北区のペットショップ ディスワン All Rights Reserved.